黒ずみクリーム デリケートゾーン おすすめ

MENU

デリケートゾーンの黒ずみクリームおすすめランキング

美白&保湿に優れた黒ずみクリームが上位独占!

 

イビサクリーム

4種類の植物成分と8種類もの保湿成分で美白をサポート!

 

美白成分として配合されているのは『トラネキサム酸』と『グリチルリチン酸2K』

 

美容雑誌などのメディア掲載も多数。

 

無添加なので肌の荒れが心配な人でも使える。

 

国内工場製造+検査をしているので安心♪

 

ハーバルラビット

美白成分と保湿成分をバランスよく配合。

 

雑誌でも多数紹介されている黒ずみクリーム。

 

モデルさんの愛用率が高い!

 

ホスピピュア

有名コスメサイトやモンドセレクションでも評価されたクリーム。

 

乳首の黒ずみ対策にトラネキサム酸を配合。

 

黒ずみ対策クリームでは有名な商品!

 

ヴィエルホワイト

初回980円(税別)から試せる黒ずみケア商品!

 

120日間の全額返金保証

 

手軽に黒ずみケアを始めたい人におススメ。

 

ホワイトラグジュアリー

独自処方の『スーパーVCT』(3種のビタミンC配合)で浸透力UP。

 

デリケートゾーンだけではなく、全身の黒ずみに使用できるので便利。

 

刺激を与える成分は一切使っていないので肌に優しい!

 

 

黒ずみクリームは成分や濃度が大事!

黒ずみクリームは配合されている成分が重要です。

 

薬事法で効能があるとされている有効成分が配合されていないと、黒ずみはなかなか消えません。

 

有効成分配合であっても、『配合量』が少ない商品は、効果が出にくいので注意です。

 

そのため、黒ずみクリームを購入する時には、『医薬部外品』や『医薬品』の指定がされている商品を選びましょう。

 

どんな有効成分でも、黒ずみを消すほどの効果を発揮するためには、『配合量』が重要になってきます。

 

例えば『ビタミンC』配合と記載されていても、それが1%なのか10%なのかによって、全く結果が違ってきます。

 

一般的には、1,000円くらいの安い化粧品と5,000円くらいの高い化粧品では、同じ成分を使っていたとしても、配合量が違うことが多いです。

 

やはり有効成分の配合量が多く、濃度が高ければ高いほど、効能に期待が出来ます。

 

黒ずみクリームをチェックする時には、どのような有効成分が、どのくらい配合されているのか、チェックするのも大事です。

 

中には、美白に有効とされる成分がほとんど配合されていないで、保湿成分ばかりの商品もあります。

 

返金保証があると安心!

「肌がちょっと弱くて、肌トラブルが心配」という人には、返金保証がある黒ずみクリームがおススメです。

 

返金保証がない黒ずみクリームだと、肌に合わなかった場合、即ゴミ箱行きになってしまいます!

 

でも、返金保証がある黒ずみクリームだと、お金がちゃんと戻ってくるので、失敗しないで済みます!

 

市販の黒ずみクリームよりも、ネット通販で販売している黒ずみ専用クリームの方が、返金保証のついた商品が多いので、まずはネットの黒ずみクリームをチェックしてみることをおススメします。

 

これまでは、ネット通販の方が「現物を見ないで購入するので心配」という人もいたと思いますが、返金保証の登場で、ネット通販の方が逆に安心というケースもあります!

 

肌に合わなくても、返金対応してくれるのは有難いですよね。

 

普通のお店では、開封済みの商品の場合は、返品・返金が不可能になってしまいますので、ネットの黒ずみクリームを選ぶ時には、必ず『返金保証』の文字があるかどうかを確認しましょう。

 

全てのネットの黒ずみクリームが返金保証があるわけではないので、注意が必要です。

 

 

黒ずみクリームは全身使用できた方が便利!

黒ずみクリームは、商品によって、『脇だけ』『乳首だけ』と専門部位だけにしか使えないものと、全身使用できるものがあります。

 

黒ずみクリームを買う場合、お勧めするのは全身使用できるものです。

 

体の黒ずみって、多くの場合、一つのパーツだけではありません!

 

脇、乳首、太もも、ひじ、ひざ…など、色々な部分が気になってしまいます。

 

そのため、一つの黒ずみクリームで全部カバーできる方がやっぱり便利なのです。

 

黒ずみクリームを専門部位に合わせて、全部買い揃えるのは面倒です!

 

やはり全身どこでも使える方が効率的ですね。

 

専門部位の場合、もしも黒ずみクリームが残ってしまったら、捨てないといけませんが、全身使用OKの黒ずみクリームだったら、別の部位にも使えるので、最後までしっかり使い切ることができます♪

 

そのため、どんな部位でも安心して使えるように、やはり黒ずみクリームは無添加で刺激のない優しい成分で出来ている物がおススメです。

 

敏感肌の人でも、安心して使える天然植物由来の有効成分を使っている黒ずみクリームなら、肌荒れの心配が軽減されますね。

デリケートゾーンの黒ずみにニベアが有効!?

ニベアの保湿効果で肌の新陳代謝に期待

よくデリケートゾーンの黒ずみの治療方法をネットで検索していると『ニベア』というキーワードが出てきます。

 

あの高級クリーム『ドゥラメール』とほぼ成分が一緒という、驚愕な事実が判明したニベアですから、もしかしたら、ニベアに黒ずみ解消効果があるのかと、期待をしてしまいますよね。

 

でも、実際には、ニベアに黒ずみを解消する直接の効能があるわけではありません

 

ニベアの保湿効果によって、肌のターンオーバーを促進させて色素沈着した皮膚を早く再生するように手助けするという、間接的な効果だけのようです。

 

ニベアを塗っていれば、黒ずみクリームのように、黒ずみが解消できると言う意味ではないようです。

 

黒ずみ対策をするのであれば、やはりニベアではなく、黒ずみクリームを使用した方が無難です。

 

ニベアも肌に優しく、コスパも良いので、多くのファンがいますが、ニベアでも黒ずみまで綺麗に解決できるわけではありません。

 

やはり黒ずみを解決するためには、保湿も大事ですが、それ以上に美白効果のある有効成分をしっかり配合した専用クリームを使うことも大事になってきます。

 

古くから美白効果があると言われているハト麦や、最近話題のトラネキサム酸、定番のビタミンCなどが十分に配合されている専用のクリームを使った方が、やはり早く黒ずみを解消できる傾向があります。

 

 

 

 

黒ずみ対策をニベアでするなら?

そして、もしもニベアを黒ずみ対策に生かすのであれば、『保湿』アイテムとして使用しましょう!

 

実は黒ずみクリームって、意外に少量なんです。

 

乳首の黒ずみに悩んでいる人なんかだったら、黒ずみクリームの使用量が少量なので良いですが、黒ずみの箇所が多ければ多いほど、黒ずみクリームの使用量が多くなってしまい、小さい黒ずみクリームでは、全身をカバーしきれなくなってしまいます。

 

そんな時、あまり黒ずみ対策の優先度が高くない部分なんかについては、ニベアを使ってしっかり保湿して、様子を見てみるのもアリですね。

 

優先順位が高い部位は黒ずみクリームを使って、その他の部分はニベアなどコスパが良い黒ずみ対策もできるアイテムを使ってみると、効率良く黒ずみ対策がデキると思います。

 

黒ずみの気になる箇所が少ない人の場合は問題ありませんが、やはり黒ずみの箇所が多い人は、1カ月で黒ずみクリームを1本以上使用しないといけなくなってしまいますので、そうなってしまうと、コスパが悪く、長く続けられなくなってしまいます。

 

ニベアは黒ずみクリームが足りなくなってしまった時の、補助のような使い方をすると良いかもしれません。

 

ニベアだったらたっぷり使っても数百円で済みます!

 

黒ずみクリームとニベアを上手く使い分けると、黒ずみケアにかかるお金を節約できるかもしれません。

黒ずみは市販のクリームで消える?

『化粧品』では黒ずみ対策は難しい

市販の黒ずみクリームでも、薬事法で『化粧品』に分類されている市販の黒ずみクリームについては、黒ずみを消せるかというと、現実的には難しいかもしれません。

 

化粧品の黒ずみクリームには、薬である医薬品とは違い、その効能については、あまり期待できないとされています。

 

近年、医薬品でもないのに、「医薬品と同様の効果がある!」と誇張広告の化粧品が多く見られますが、基本的に『効能が認められているのは医薬品もしくは医薬部外品』についてです。

 

つまり、化粧品の効能については『効果がある』と断言できないのです。

 

これは黒ずみクリームについても同じで、化粧品に分類されている黒ずみクリームを使う場合は、黒ずみに効果があるとは断言できないのです。

 

例え、医薬品や医薬部外品と同じような成分成分を使っていたとしても、化粧品と医薬品では、有効成分の配合量の上限が違います。

 

そのため、有効成分の配合量の上限が低い化粧品の方が、どうしても医薬品などに比べて、効果は出にくいのです。

 

そのため、これから黒ずみクリームを購入しようと思う人は、化粧品の黒ずみクリームを購入しないように注意をしましょう。

 

化粧品の黒ずみクリームでは、黒ずみへの効果が期待できませんので、高い買い物になってしまう可能性があります。

 

どうせ高いお金を出すのであれば、医薬品や医薬部外品にしましょう。

 

 

 

効果に期待をするのであれば『医薬品』がおススメ

黒ずみクリームにある程度の効果を期待したい人は、迷わず『医薬品』もしくは『医薬部外品』を購入することをおススメします。

 

化粧品では黒ずみを消すことが難しいので、やはり有効成分がしっかり配合されている医薬品や医薬部外品が一番無難です。

 

黒ずみクリームには、化粧品に分類されている商品もあれば、医薬品や医薬部外品に分類されている商品もあります。

 

同じ黒ずみクリームでも、どんな黒ずみクリームを選ぶかによって、効果が違ってきます。

 

黒ずみクリームで失敗しないためにも、購入の時には、医薬品かどうかをチェックしておくことが大事です。

 

化粧品の黒ずみクリームでは、いくらリピしていても、なかなか効果がついてこない可能性があります。

 

やはり本気で黒ずみに挑むのであれば、医薬品か最低でも医薬部外品を選ぶことをおススメします。

 

勿論、化粧品でも効果を実感できれば、使い続けるのも良いと思います。

 

しかし、長年使っているのにどうも結果がついてこないと思う時は、商品の種類を、まずはチェックしてみましょう。

 

もしも今使っている黒ずみクリームが化粧品で、効果がないのであれば、次回に購入する時には、医薬品や医薬部外品に変えてみることをおススメします。

 

市販の黒ずみクリームの中でも、医薬品と医薬部外品はやはり効能に期待ができます。

デリケートゾーンの黒ずみや臭いは『コンプレックス』になる!

デリケートゾーンの黒ずみや臭い改善は時間がかかる

デリケートゾーンの黒ずみや臭いは、女性にとって大きなコンプレックスになる可能性があります。

 

普段はあんまり気にならない部分でも、やはり恋人が出来て、体の関係を持つようになると、デリケートゾーンの黒ずみや臭いは大問題になってきます。

 

神経質になり過ぎる必要はありませんが、やはり恋人にデリケートゾーンの黒ずみや臭いがばれることによって、幻滅されたくないという気持ちが出てきます。

 

恋人のためにデリケートゾーンの黒ずみや臭いを解決したい場合、やはりセルフケアで恋人には悟られないように、問題を解決したいものです!

 

美容皮膚科なども良いですが、やっぱりあんまりにも目立つやり方でデリケートゾーンの黒ずみなどを解決すると、恋人に怪しまれてしまう可能性がありますからね。

 

極力、誰にもばれないように、自然と解決できる方法が理想です。

 

そうなると、やはりデリケートゾーンの痒みや臭いは、専用のアイテムを使って、デキるだけセルフケアをすることがおススメです。

 

セルフケアの方が、病院に通うよりも費用も安く、通院の手間もかかりません。

 

自分でこっそり、コンプレックスを改善できると言うのが、やっぱりセルフケアの一番良い所ですね。

 

専用のアイテムも、ネット通販で購入すれば、誰にも知られることがないので、安心感があります。

 

デリケートゾーンのお手入れグッズは、ネット通販がおススメです。

 

 

 

生活習慣を変える必要も!

しかし、デリケートゾーンの黒ずみや臭いは、ただお手入れしているだけでは、なかなか良くならないことも多いです。

 

それはどういうことかというと、デリケートゾーンの黒ずみや臭いは、『生活習慣』が関係していることが多いからです。

 

つまり、デリケートゾーンの黒ずみや臭いの改善には、生活習慣の改善も必要になってくると言うことです。

 

例えば、締め付けのきつい下着や生理用のナプキンの使用によって、デリケートゾーンの黒ずみが目立ったり。

 

食べ物の影響によってデリケートゾーンの臭いが気になる場合があります。

 

どれも、衣類や食べ物を変えることによって、簡単に解決できる場合もあります。

 

そのため、デリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になる人は、まずは自分の生活習慣を見直すことをおススメします。

 

自分が普段、当たり前のようにやっている生活習慣が、実はデリケートゾーンの黒ずみや臭いの原因になっている可能性があります。

 

黒ずみのケアというのは、大きく分けて、『黒ずみの原因となる生活習慣の改善による予防』と『既にできてしまった黒ずみに対してのアプローチ』の2つが重要です。

 

ただ、黒ずみ専用のクリームを使っていれば、簡単に黒ずみが取れるわけではありません。

 

やはり黒ずみの原因となっている習慣を改めない限り、黒ずみは増え続けてしまいます。

 

 

男性が抱く『デリケートゾーンが黒い女性』へのイメージ

AV女優やグラドルの体が普通だと思っている人も!

女性経験が少ない男性の中には、『生身の女性』をよく知らないため、AV女優やグラドルの体を見て、それが一般的な女性の体だと勘違いしている人もいます。

 

どんな女性も、黒ずみが少しあるくらいは普通です!

 

でも、AV女優やグラドルなど、商売として見られることを意識している女性の場合、商品価値を磨くために、ちゃんとデリケートゾーンの黒ずみのケアなどをしているわけです!

 

男性の中には、そうしたことを知らない人も多いのです。

 

既にAVやグラビア用に加工された女性の体を見て、「これが普通」だと思い込んでしまうのです。

 

そのため、そういう男性は、女性へ求めるレベルが高く、恋人の高い理想に応えるために、女性が頑張ってデリケートゾーン用の黒ずみクリームなどを利用して、頑張ることになってしまうのです!

 

特に最近は、エステの脱毛が格安で行えるようになってきたので、脱毛をしっかりしている一般人の女性も増えてきましたよね。

 

そして、ムダ毛が無くなってしまった後ほど、これまで隠れていた黒ずみの部分が気になるようになってしまうので、脱毛の次は黒ずみがコンプレックスになりやすいです。

 

男性のためだけではなく、ムダ毛や黒ずみがなくなることは、女性にとっても、自信を持てるようになるので嬉しい事ですが、頑張り過ぎないようにするのも大事だと思います。

 

 

 

『デリケートゾーンの黒ずみ=遊び人』のイメージも!

特にデリケートゾーンの黒ずみで嫌なのが、『デリケートゾーンが黒い=経験数が多い』というとんでもない誤解です。

 

女性からすれば、「処女だって黒い子はいる!」って思いますよね。

 

そうなんです、デリケートゾーンの黒ずみに経験数なんて関係ないのです!

 

でも、世間では、デリケートゾーンの黒ずみが、性行為の経験数が多いという誤ったイメージがあるため、あまり良い印象がないのです。

 

だからこそ、女性は必死にデリケートゾーンの黒ずみを消そうと、お金をかけてケアをする人も多いと思います。

 

特に恋人が出来たばかりで、これから体の関係を持つ場合、「彼がデリケートゾーンの黒ずみを見たらどう思うのか?」と、不安になってしまう人もいます。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、恋愛でも女性の自信を奪ってしまい、消極的させてしまいます。

 

やはりデリケートゾーンの黒ずみを解消して、少しでも女性が自分自身に自信を持てるようになるのが一番良いと思います。

 

黒ずみクリームを使っても、簡単には黒ずみは解消できませんが、時間をかけて、徐々に色を薄くしていくことはできます。

 

本格的にデリケートゾーンの黒ずみを解決する場合は、数か月にも及ぶケアが必要になってきます。

 

短期で結果を出したい人は、皮膚科のレーザー治療の方が、ちょっと高いですが早く結果を出せるのでおすすめです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因って?

きつい下着が色素沈着を悪化させる!

デリケートゾーンの黒ずみには、いくつか原因があります。

 

中でも女性のデリケートゾーンの黒ずみに多いのは、ボディメイクやファッション性を重視して選んだきつい下着が原因になっていることがあります。

 

きつい下着は、デリケートゾーンの黒ずみを長期化させる問題の習慣です。

 

デリケートゾーンの黒ずみがなかなか専用クリームを使っても消えない場合は、まずは下着を変えることから始めてみると良いと思います。

 

黒ずみケアは、原因がわかれば、その習慣を止めることも大事です。

 

いくら黒ずみクリームを塗っても、黒ずみができる習慣を続ければ、黒ずみはなくなりません。

 

根本的なデリケートゾーンの黒ずみの原因を直すことが何よりも大事です。

 

黒ずみは、できてしまったものを消すよりも、予防することの方がずっと簡単です。

 

体質によっても、デリケートゾーンの黒ずみのできやすさは違ってきますが、やはり衣類のすれによる黒ずみが非常に大きな原因になりやすいので、衣類を選ぶ時には、注意が必要です。

 

女性がきつい下着をつけるのは、美容やファッション性のためが多いですが、やはり黒ずみは消す方が大変なので、衣類によるデリケートゾーンの黒ずみが目立つようになってきた時には、なるべく早くからデリケートゾーンの黒ずみケアを始めるようにしましょう。

 

早く治療をスタートさせることが、完治への近道になります。

 

 

 

ナプキン蒸れやセルフ脱毛による肌への刺激

また、女性の場合は、避けて通れないのが生理用のナプキン使用による摩擦やムダ毛の処理です。

 

生理用のナプキンを付けないわけにはいかないですし、ムダ毛だって、ボーボーのまま出社や通学するわけにはいきません!

 

やっぱりムダ毛の処理っていうのは、女性の場合、それもマナーのようになっている部分があると思います。

 

ただし、ムダ毛はセルフケアをすると、頻回除毛で、肌を傷めてしまうことが多いのです。

 

人によっては、ほぼ毎日ムダ毛を剃ることもあるでしょう。

 

そのような生活習慣が出来ていると、当然肌に刺激をうげて、肌の黒ずみはひどくなりやすいのです。

 

特に脱毛による肌の黒ずみが酷くなる場所として、『脇』があります。

 

最近になって施術を受ける人が多くなっているハイジニーナ脱毛なんかでは、アンダーヘアがなくなった後に、デリケートゾーンの黒ずみが目立ち、コンプレックスになっている人も多いです。

 

特に陰部の黒ずみの場合は、小陰唇の縮小手術を受けるなど、思い切った対応が必要になるケースもあります。

 

どの程度、デリケートゾーンの黒ずみについて、コンプレックスを持っているかによって、どこまで治療するかが変わってきます。

 

お金をかけようと思えば、やはり美容皮膚科で数万円〜十万円以上の費用がかかると思ったほうが間違いがありません。

 

脱毛してからデリケートゾーンの黒ずみが気になる人が急増!

脱毛でこれまで隠れていた黒ずみが明らかに!

実はデリケートゾーンの黒ずみは、『脱毛後』に気にする人が急増しています。

 

近年、月額制度の安い全身脱毛が流行し、若い女性を中心に、脱毛エステに通う人が多くなりましたよね。

 

その結果、これまでムダ毛があることであんまり気にならなかった部分が、やけに目につくようになって、デリケートゾーンの黒ずみをどうにかしたいと思う人が増えているという事情があります。

 

脱毛後以外にも、妊娠出産を終えた後から、乳首の黒ずみが気になり始める人や、普通に生活していても、黒ずみが出来てしまう人もいます。

 

黒ずみが気になり始めるきっかけは、色々とあると思います。

 

女性の場合、特にいつまでも美しくありたいと思う人も多いので、一つ脱毛を片付ければ、今度は黒ずみが気になると、次から次へと悩みが尽きません。

 

デリケートゾーンの黒ずみも、根気よくケアをしていく必要があります。

 

そのためには、やはり美白効果が高い有効成分を配合したデリケートゾーン専用の黒ずみクリームの存在か欠かせません。

 

ただの美白化粧水や乳液といった基礎化粧品だけでは、なかなか黒ずみは綺麗になりません。

 

専用の黒ずみクリームを使って、しっかりとケアすることが難しいのであれば、エステサロンで脇脱毛などをした時に、追加で美白ケアも一緒にお願いしたり、皮膚科でレーザー治療をしたりする方が安心です。

 

 

脱毛したのに黒ずみが気になって水着になれない!

せっかく脱毛しても、黒ずみが残ってしまうと、水着になったり、ノースリーブの洋服に挑戦できなくなってしまいます。

 

特に脇の黒ずみは、色々な人に見られてしまう可能性が高いので、何とかしたいと真剣に悩んでいる人が多いです。

 

腕を上げた時に、脇が真っ黒だと、やっぱり恥ずかしくなってしまいますよね。

 

水着やオシャレを楽しむために、脱毛をしたのに、黒ずみのために、挑戦出来なくなってしまうのはがっかりです。

 

デリケートゾーンの黒ずみがなくなってこそ、思い切って脱毛の効果も実感できるものです。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、1日や2日で簡単に結果が出るものではありません。

 

それこそ、1カ月、2カ月と、時間がかかります。

 

それだけにデリケートゾーンの黒ずみのケアを始めるのであれば、早く始めることを勧めます。

 

早くデリケートゾーンの黒ずみケアを始めた方が、黒ずみがまだ軽症で、症状を改善しやすいというのも大きない理由です。

 

黒ずみは放っておいても、自然と治らないケースが多いので、より濃い黒ずみになってしまいがちです。

 

どうせケアを始めるのであれば、早くから挑戦した方が、それだけ黒ずみも消しやすいです。

 

重度の黒ずみは、皮膚科のレーザー治療でないと、なかなか解決できないと言われているだけに、黒ずみ対策は気になったら、すぐに始めることが理想です。

 

デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアするなら?

デリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使う!

デリケートゾーンの黒ずみを解決する場合は、デリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使うことをおススメします。

 

というのも、デリケートゾーンは、他の部分よりも敏感で、皮膚も弱いケースが多いからです。

 

そのため、デリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使わないと、刺激が強くて肌荒れをしてしまったりトラブルが起こる可能性があります。

 

そのため、デリケートゾーン専用のクリームは、基本的に無添加で刺激の少ない成分を使用しているのが特徴です。

 

デリケートゾーンのケアでは、成分が優しいことが重要になりますので、ちゃんと専用の黒ずみクリームを使うようにしましょう。

 

特に乳首や陰部などは、黒ずみクリームの成分が合わないと、痒みがひどくなってしまったり、使用し続けることが難しくなってしまいます。

 

やはり肌荒れをしない黒ずみクリームを選ぶことが非常に大事になってきます。

 

足や腕のように、皮膚が強い部分はあまりトラブルを感じにくいですが、デリケートゾーンはトラブルになりやすいので、乾燥肌の人や、敏感肌の人は、注意が必要になってきます。

 

また、どうしても肌荒れが心配という人は、返金保証をしているデリケートゾーン専用の黒ずみクリームを購入することをおススメします。

 

返金保証があれば、例え肌に合わないとしても、お金が戻ってきますので安心して購入できます。

 

 

 

古い角質を落として肌の新陳代謝を良くする

黒ずみを改善するためには、古い角質を落として、肌の新陳代謝をUPさせると言うことが大事になってきます。

 

黒ずみは肌に刺激を与えることによって、色素沈着を起こしてしまうことが大きな原因です。

 

肌に刺激を与えてしまうのは、生理用のナプキンによる刺激だったり、きつい下着による摩擦だったり、色々なことが考えられます。

 

そのため、一度出来てしまった黒ずみを解決する場合は、まずは肌のターンオーバーを促し、古い角質を除去し、新しい肌を再生することが役に立ちます。

 

肌の再生が早く進むことによる、色素沈着した古い表皮が剥がれ落ちますので、少しずつ黒ずみが改善されていきます。

 

黒ずみ対策には『肌の再生』というのが一つのポイントになってきます。

 

そのため美白効果の高い黒ずみクリームを使うことも重要ですが、肌の代謝が良いことも、黒ずみ対策には欠かせません!

 

加齢の目立つ肌で、肌の代謝が悪くなっている場合は、黒ずみクリームだけではなく、美容クリニックでのケミカルピーリングも一緒に使用すると有効です。

 

代謝が悪くなった肌は、自然と古い表皮が剥がれ落ちにくくなっているので、化学薬品を使って、古い角質をはがれやすくしてあげる必要があります。

 

肌がごわごわしている人なんかは、ケミカルピーリングを使用すると、美肌効果も高まりますのでおすすめです。

 

 

肥満の人に遠い股ずれによる黒ずみ!

最初は真っ赤⇒真っ黒に!

肥満の人は、股ずれによる黒ずみに苦労する人が多いです!

 

肥満だと、太ももがこすれ合って、股ずれを起こすことがよくあります。

 

股ずれは、最初のうちは、赤くなってしまいますが、炎症が収まると、今度は黒く色素沈着を起こしやすくなってしまうのが特徴です。

 

股ずれによって、刺激を受けた肌は黒くなりやすいため、股ずれを頻繁に繰り返す人は、黒ずみ対策が必要になってきます。

 

でも、股ずれがひどいうちは、赤く腫れあがってしまい、とても黒ずみクリームなんかは塗ることができない状態です。

 

ある程度、症状が収まってから、黒ずみクリームを塗ることになります。

 

股ずれによる黒ずみが酷い場合、『ダイエット』して股ずれの回数を減らすという方法も考えるべきです。

 

過剰なダイエットは必要ありませんが、やはり股ずれによる黒ずみが酷い場合、股ずれの原因となる肥満を解消することが非常に大きな意味をもちます。

 

太ももがすっきりして、股ずれをしなくなれば、それだけ黒ずみもできにくくなります。

 

股ずれをするほどの肥満体型の人は、黒ずみクリームでケアをする一方で、ダイエットをして、股ずれをしない体型を目指すことが大事です。

 

肥満は百害あって一利なし!

 

美容にも健康にも良くありません。

 

肥満による股ずれは、本人も非常に辛いものですので、やはり早い段階でダイエットに取り組むことをおススメします。

 

 

痩せても残る股ずれによる黒ずみ!

そしてダイエットに成功しても、ちゃんとケアをしなければ、肥満時代に作ってしまった股ずれによる黒ずみは残ります!

 

若い人の場合、新陳代謝が活発なので、数年で黒ずみの症状が良くなるケースが多いです。

 

しかし、早めに黒ずみクリームでセルフケアを始めれば、軽度の黒ずみであれば、比較的短期間で元の白さに戻ることもあります。

 

黒ずみはそのままにしておいても、自然治癒することが少ないので、年月が経てば経つほど、症状がひどくなります。

 

黒ずみが軽症の場合は、早く消えてしまう人の場合、1年くらいで綺麗に治ります。

 

逆に言えば、1年以上経っても残っている黒ずみというのは、相当重度が高いと言えます。

 

その場合、黒ずみクリームだけで完治を目指すのは難しい可能性が出てきます。

 

黒ずみクリームを1年くらい使ってケアしてみて、それでも結果が出ないのであれば、次の治療方法を考えてみるのもおススメです。

 

美容クリニックなどで、ケミカルピーリングや薬剤による治療に進んでしまうのも一つの手段です。

 

そしてケミカルピーリングや薬剤による治療を組み合わせても、黒ずみが消えない場合は、最終手段としてレーザー治療に踏み切るのもアリだと思います。

 

黒ずみへのアプローチは、様子を見ながら、徐々に変更していくことが重要になってきます。

 

デリケートゾーンの黒ずみの最終手段は美容皮膚科!

高いけどレーザー治療は確実

少し経済的に余裕がある人であれば、美容皮膚科によるレーザー治療もおススメです。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、軽症の場合は、専用の黒ずみクリームである程度改善は可能です。

 

しかし、黒ずみクリームでは完治が難しい黒ずみがあるのも事実です。

 

黒ずみクリームで完治が難しい場合は、美容皮膚科でレーザー治療を受ける方法があります。

 

美容皮膚科によって料金は異なりますが、1回の費用が1万円〜2万円程度と高額になります。

 

しかし、費用が高い分だけ、黒ずみクリームよりもはっきりした結果が出やすいというメリットもあります。

 

何年も黒ずみクリームで粘ってみたけど、やっぱり黒ずみが解消できなかったと言う人は、美容皮膚科のレーザー治療を受けてみる価値があると思います。

 

やはり黒ずみクリームも、安いものではありません。

 

安い物で3千円くらい、高級なものになると、5千円以上します。

 

年間費用にしてみると、3万円〜6万円前後も黒ずみ対策にお金をかけていることになります。

 

これは冷静に考えてみると、レーザー治療数回分の費用になりますので、黒ずみクリームを長期で使用する財力があれば、レーザー治療も受けられるのです!

 

美容皮膚科の治療費は「高い」と敬遠されがちですが、黒ずみクリームの長期使用と大して費用は変わらないのです。

 

長年黒ずみクリームを使用して、結果が出ない人は、もう一度治療方法を検討してみるべきです。

 

 

 

ケミカルピーリングや薬剤による治療

美容皮膚科では、レーザー治療以外にも、黒ずみを解決する方法があります。

 

それは薬剤を使った治療です。

 

ケミカルピーリングなどもその一種です。

 

ただし、薬剤を使った黒ずみ治療は、肌の弱い人にとっては『大博打』になります!

 

美容皮膚科で黒ずみ治療で使われている薬剤やケミカルピーリングは、肌への刺激が非常に強く、誰にでもおススメできる方法ではありません。

 

ケミカルピーリングや薬剤による治療は、どっちかっていうと、肌が強い人の方が向いています。

 

自分で肌のターンオーバーが出来なくなっているような人にとっては、非常に効果的な治療方法なのですが、薬剤自体が強力なため、パッチテストでアウトになってしまうようだと、選択肢から消えてしまいます。

 

ケミカルピーリングにも、色々な種類がありますが、肌が弱く敏感肌の人は、厳しいケースも多いので、必ずしも選べるわけではありません。

 

そのため、美容皮膚科で治療する場合は、よく肌質と相談することになります。

 

また、皮膚科の場合は、肌荒れを起こしても、すぐに対処してもらえる安心感もあります。

 

費用は高いですが、専門の美容皮膚科に通っているという安心感はありますので、黒ずみを確実に取り除き、アフターケアの面倒までちゃんと診てくれる方が良いっていう人は、美容皮膚科での治療が一番快適かもしれません。